人類みなクリエイター

雑記的な記事を量産しているWEBライターの住処。

【カクヨム】名作を埋もらせない #2『笹本春花の悪霊奇譚』

こんにちは

 

クリエイター応援企画『名作を埋もらせない』の#2です。

 

皆様はホラー小説を読んでおりますでしょうか?

「小説原作のホラー映画は見たことがある」

「ホラー作品の抵抗があり、あまり読んだことがない」

という思いを持たれている方が意外と多いように思います。

 

実際、私もあまりホラー系の作品を小説で読んだことはありませんでした。(怖い作品が苦手というのもあります・・・)

 

しかし、そんな私でも思わず食いついて読んでしまった作品を紹介いたします。

 

とうことで今回は、相枝静花先生の作品『笹本春花の悪霊奇譚』の紹介です。

カクヨムにて連載されている小説作品になります。

 

恋愛+オカルト+お仕事+ファンタジーという相容れないはずの要素も見事にまとめ上げた完結済み作品になります。

 

 

それでは、紹介いってみましょう!

 

 f:id:tatata_ichi:20200831205846p:plain

 

『笹本春花の悪霊奇譚』

作者:相枝静花

kakuyomu.jp

 

あらすじ

 ”悪霊相手に営業する女の子のオカルトラブストーリー”

 両親が離婚して大学を中退した霊能力者・笹本春花(ささもとはるか)は、夢を売買する会社へ入社する。が、しかしその会社には、裏があった。霊能力者ばかりを集めるこの会社で、春花は悪霊相手に営業をさせられることになる。

 同じく霊視ができる幼馴染み・裕真(ゆうま)に助けられながら営業に励む春花は、裕真に想いを募らせるが、しかし裕真には春花に言えない秘密を抱えていて……。

 現在全46話、完結済みの作品です。

 

感想

 冒頭でも触れましたが、複数の要素を取り入れてそれらを見事に一つの作品に落とし込んでいる名作になります。様々な要素には相性があって、例えば「コメディと恋愛」「ミステリとホラー」「アクションとファンタジー」というように王道の組み合わせで名作は当然たくさんありますが、

恋愛+オカルト+お仕事+ファンタジー

という複数のレアな組み合わせを何の違和感もなくきっちりと落とし込んでいるのです(笑)。もう魔法ですこれは。

 

 そして何より、本作の

悪霊相手に営業する女の子のオカルトラブストーリー

という キャッチコピーですが・・・

 

なにこれめちゃめちゃ気になる。

 

私はこの作品に初めて出会った時は、 悪霊相手に何を売るの?そんな中でラブストーリーってどう進むの?という興味に掻き立てられ、当時掲載されていた分を一気に読んでしまいました。そしてその見事なストーリー展開にハマり、毎日の次話投稿を待ちきれませんでした。 

 

そんな見事な作品の一部を抜粋させていただきます。

 

なんとなく、逃げるなら今が最後のチャンスだぞ、そう言われた気がした。それまで半信半疑だった春花は一気に血の気が引くのを感じ、たまらなくなって席を立つ。そして自分のマグカップも手に持ち、逃げるようにしてこの場を離れた。

 

(営業相手が悪霊って本当なの……?)

 ドリンクバーでお茶を注ぎ、戻りながら不安になる。

(行方不明って……すごく危険な仕事ってこと……?)

 

 春花は怖がりで、そういう類のものは苦手だ。昔からホラーは、一番、避けてきたものだった。

 

(そんな……せっかく就職できたのに)

 

 悪霊相手に営業だなんて、どうするのか想像もできない。春花は悪霊との対話が可能なのを知っているが、うまく付き合えたことは一度もないのだ。

 笹本春花の悪霊奇譚『第9話 行方不明になった社員』より

 

気になった方は是非ともご一読を!!

 

どんな人におすすめ?

 例えば下記のような方々にはハマるのでは?と思います。

  1. 完結済みの作品が読みたい方
  2. オカルト・恋愛・ファンタジーが好きな方
  3. キャッチコピーに惹かれた方

文章構成も読み手に優しく、小説の内容に安心してどっぷりと浸ることができます。

 

終わりに

 本作品の魅力は複数の要素を一つの作品に見事に落とし込めているところにあると思います。完結済みであるということからも、続きが気になって悶々とすると言うこともなくお楽しみ頂けます!(まだまだ続きが読みたいと思ってしまうほどですが、わがままは言えません・・・笑)

この面白さ、保証いたしますので是非ともご一読ください!

 

kakuyomu.jp

twitter.com

 

本ブログへのコメント・読者登録も、ぜひともよろしくお願いいたします。

 

それでは、次回の作品でお会いしましょう。

 

Twitterフォロー・ライティングのご依頼もお待ちしております!!)

twitter.com

crowdworks.jp

youtu.be

www.udemy.com